JWT三大陸ハーブティー(お茶),バイオプラス(乳酸菌)

JasonWintersProdacts「JWTハーブティー」「バイオプラス」(腸内環境・乳酸菌)

藤尾秀昭

藤尾秀昭

藤尾秀昭
http://jwt.aloha88.net/index.php?go=fsUWm2

EOS(イオスコーポレーション)の
JWT(ジェイソン・ウィンターズ・ティー)愛飲者、
藤尾秀昭さんの紹介ページです。

http://www.chichi.co.jp/
https://www.facebook.com/chichipublishing



プロフィール

藤尾 秀昭 (ふじお ひであき)
株式会社 致知出版社 代表取締役社長兼編集長

昭和53年 月刊誌「致知」創刊。
昭和54年 編集長に就任。
平成 4年 代表取締役社長に就任、現在に至る。

 創刊以来、月刊誌『致知』の編集に携わる。
昭和54年に編集長に就任。平成4年に社長に就任。

 月刊誌『致知』は創刊以来30年一貫して、いつの時代でも問われる「人間学」を追求し続けている。出版物の氾濫する中でも、致知は「秘中の名花」と多くの見識のある財界人を唸らせ、京セラの稲盛和夫名誉会長、ウシオ電機の牛尾治朗会長など各界のリーダーにも熱心な愛読者を持つ。また、読者の自主運営による<木鶏クラブ>という勉強会が定期的に開かれており、その支部は日本全国及び海外を含め約113ヶ所に及び、年々増え続けている。各地に根強いファンが多く、またその読者の人の口コミにより更に読者の輪が広がっている。

 生きる原理原則を、帝王学・古典・哲学などを通じて「知行合一」の精神を、まさにその実践の生き方で語りかけてくる雑誌である。なかでも有名無名にかかわらず、「一隅を照らす人々」に照準をあてた編集ぶりは、<オンリーワンの雑誌>として注目を集めている。

 編集者として『致知』と共に歩んできた人生の中に、多くの「出会いと感動」の人間としての生きざまがうかがえる。そして自らも『苦しい時に読者と取材で出会った多くの人達に支えられてきた』と語っている。その仕事にかける情熱と、出会いと感動の生きざまを熱く伝える講演には定評があり、老若男女を問わず全国に「致知ファン」を増やしている。



主な著書

「小さな人生論」「小さな人生論2」「小さな人生論3」
「現代の覚者たち」




Tag: 藤尾秀昭
Tag: EOS
Tag: ハーバライン
Tag: サポーター
Tag: イベント
Tag: 講演
Tag: 著者

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional