『先代旧事本紀大成経』

2014-07-16 第10回神道同志会大成経研究セミナーレジメ

2014-07-16 第10回神道同志会大成経研究セミナーレジメ

Tag: 神道同志会
Tag: 神道同志会セミナー
Tag: 東豊榮

第10回神道同志会大成経研究セミナーレジメ
          日時 平成26年7月16日
場所 大阪大正区上の宮八坂神社 
時間 19時~21時
内容
・先代旧事本記大成経の伝言とは・・・一体何が言いたいのか?
・私の体験と大成経の関係
・神音と真音の関係性
・声字実相義と大成経の関係性
・大成経序が語る円光(タマユラ、オーブ)と「あ字」の関係性

・日本書紀、古事記、ホツマツタエ、大成経、竹内文献の関係式
・身体の7チャクラと密教六大(地水火風空識)と気学五行と大祓祝詞の関係
・大日経秘密曼荼羅品(地輪・水輪・火輪・風輪・空輪・識輪)と滝行の関係
・神社の神気と神木と人間の関係
・神木と大地と人間の同調交流
・ヒフミ祝詞と50音発声による意識上昇
・ひふみとは

・自己とご先祖の関係・・・7代前は大いに関係する体験談
・身口意の三業と身密口密意密印密について
・バジュラの活用・・・空間を切る独鈷、EGを天空より地上に降ろす五鈷の説明
・神音50音の5段階の発声方法・・神様に通じる言霊の第一歩は一段階発声から
三十八神社とはイザナギ・イザナミのミコ三十八神をお祭りする神社

7月5日京都セミナーでは上記のいくつかの解説と実践を行う。神様と交流が出来る兵庫のおばあちゃんが山奥からわざわざセミナーにこられた。ソソウが無いように、おばあちゃんに意識を向けて午後1時半から5時まで休憩を取らず語りに語り語らされた。帰りはにっこりされ神様から云われている20年間の沈黙が光を帯びたようである。さあ、何を出されるのか楽しみだ。

コメント


認証コード6932

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional