『先代旧事本紀大成経』

2014年11月の神道同志会・源氏の滝 滝行

2014年11月の神道同志会・源氏の滝 滝行

Tag: 滝行
Tag: 御霊
Tag: 御霊開き
Tag: 即身成神
Tag: 東豊榮

2014年11月の神道同志会・源氏の滝 滝行

神道同志会で水が冷たい頃の滝行をやってほしいとの要請を受けて、11月16日(日)いつものように源氏滝で滝行を実施した。急な要件で2名欠席、今回一番遠い所の参加者は三河から来られた若い女性あり、彼女はあちこちの滝で数回滝行経験がある女性だ。

11時にJR津田駅に集合し車で源氏の滝へ向かう。行場に着き1時間掃除 後滝行。全員3回滝に入る。最後に私が入る。夏場の滝行と違って滝に厳しさあり故にこちらも強烈な音を発する。前回9月では空間の1点が透明かつ薄い百光で一瞬瞬き輝いたが今回はそのようなことはない。

行が終わり、たき火を囲んでいろいろと話す。その時に話した中身は、滝行の大切さ、チャクラの開き方、各自の指導霊、誰かに言われた自己自身のバックのサニワの必要性。行における言霊と手印と意識の有り方、この三者をいかに融合するかという秘伝みたいなお話。

参加者の女性のかっての滝行は1回入れば2回目はなしという仏教系の滝行だった。参加者は時間をかけて来ているので、1回のみの滝行は意義が薄い。最低でも3回から5、6回入らなければその滝行の効果は大変薄くなる。

滝行の目的は、虚空より与えられた自己の「神としてのミタマ」を開く事、即ち第8と第7のチャクラを開く事、その作用として肉体を含め後4つの自己の意識体をも浄化することが自然に出来ると云う事にある。滝場には滝の神あり。滝の神は行をする人間を待っている。滝の神のエネルギーは人間を鍛える。

世界ビッグ4に入ったテニス界の貴公子・錦織選手も滝でもっと自己メンタルを鍛えれば120%の力を出すことは決定(ケツジョウ)だ。彼のミタマは出雲系(錦織神社)のスサノオさんではなかろうか。

コメント


認証コード1311

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional